キーノスロジックITナレッジ

システムに関する豆知識をキーノスロジックからお届けします。

IT導入補助金2021「IT導入支援事業者」として採択されております!

有限会社キーノスロジックは、経済産業省が主導・支援する「IT導入補助金2021」の支援事業者に採択され、一部製品が対象ITツールとして登録されております!

IT導入支援事業者採択通知書(PDF)

 

IT導入補助金とは

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが、自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするものです。

申請区分によって違いはありますが、最大で450万円の支援が受けられます!

 

今回の記事では、前年度より新設された、

IT導入補助金 低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C、D類型)

について、ご紹介させていただきます!

 

感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)って?

それでは早速、IT導入補助金 低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)の概要についてご紹介いたします。

IT導入補助金2021には、

・通常枠(A・B類型)
・低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)

の2種類があります。

この中で「低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)」は前年度より新設された新しい応募枠です。

通常枠との違いというと、通常枠よりも補助率が高く、さらに優先的に支援されることが挙げられます。

 

それなら、通常枠よりも特別枠で補助を受けたい!
・・・と思う方も多いのではないでしょうか?

 

この特別枠には応募する条件があります。

低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)は、

新型コロナウイルス感染症の流⾏が継続している中、ポストコロナの状況に対応したビジネスモデルへの転換に向けて、労働生産性の向上とともに非対面化に取り組む中小企業を支援するといった目的があります。

ですので、ITツールを使ってアフターコロナ・ポストコロナの時代に対応したビジネスモデルの転換を行う企業様に向けた応募枠になっているのです。

では、「アフターコロナ・ポストコロナの時代に対応したビジネスモデル」とは、どのようなものでしょうか?

 

こんな企業様におすすめです

低感染リスク型ビジネス枠は、条件として「非対面化」や「業務の更なる効率化」を目的とした事業が対象となっています。
これまでのやり方に替わり、非対面で行える営業や業務の効率化を目指す事業者様はぜひ活用することをおすすめします。

たとえば、

これまで店頭にて商品を販売することが多かったが、対面での販売が困難となったため、非対面化のためのITツールを導入したい。
リモートワークの導入に伴い、在宅ワークができる環境を整えるため、ITツールを導入したい。

このようなビジネスモデルの転換をお考えの方には、もってこいの応募枠です。

コロナとの共存が求められる中、自己負担をおさえつつ、事業の更なる発展をみすえている。
そんな方にこそ、是非一度検討いただきたい補助金になっています。

 

IT導入補助金をご検討中の方へ

IT導入補助金についてもっと詳しく知りたい。

でも何から始めれば良いかわからない、だれに相談すれば良いかわからない・・・

どんなITツールなら申請できるのか、そもそも自社は対象企業なのか??

 

そんな方は一度弊社へご相談いただければと思います。

前年度に特別枠の採択を受けた実績のもと、
IT導入補助金を利用して行えるベストな施策をご提案させていただきます!

 

IT導入補助金についての詳細は公式サイトもご覧ください。

令和3年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金
https://www.it-hojo.jp/

 


 

システム開発を検討中の方は下記ページよりお電話かお問合せフォームにてご連絡下さいませ。

担当者より1営業日以内にお返事を致します。

自社のシステムをオーダーメイドで作るなら信頼と実績のあるキーノスロジックでどうぞ。