MEMBERS 働き方を知る

システム開発部 開発統括 
白石 学

インタビュー

携わっているお仕事について、具体的に教えて下さい。
測量システムの開発統括を担当しています。
統括という立場のため、業務に対して担当者を決めたり、スケジュールの管理をしたりしています。
少人数体制で開発を行っておりますので、CADや線形計算などサブシステムも担当しています。
キーノスでの開発は、どんな特徴がありますか?
  • 少人数体制で開発(他の人との距離感(親近感)が近い)できること。
  • 高いスキルを持ち合わせていること。
  • 自分1人では無理でも、会社全体でならほとんど何でも開発できると思えるような雰囲気。
    (個々の足りない部分を補い合っている)
開発を進める上で、チームとして意識している事は何ですか?
  • 他人の業務の進行の妨げにならない。
  • 主張すべきは主張し、自分以外の意見も尊重すること。
  • 仕事上のストレスが少しでも軽減されるように自分を含む他の社員の向き不向きを見極められる目を持つ(養う)こと。
  • 常にユーザー目線を意識すること。
技術を高めるために、どんな事を学んできましたか?
プログラムを開発は常に動作不良やメモリ異常といった不具合のリスクが付きまといます。それを開発者の意識の問題として捉えるのではなく、コードの記述方法やツール類による異常の検出できる方法を学んだりしています(過去の経験や自分以外のコードを参考にしたりといったことなど)。
仕事について、どんなことに自信を持っていますか?
自信があるということではありませんが、自分が率先してものづくりを行うというより全体でのパフォーマンスを考えるべき立場だと思いますので、この仕事は誰が担当するべきかとか、今は何を優先すべきかといった役割分担やスケジューリングなど最優先だと思っています。
これまでの仕事の中で、印象に残っているものを教えて下さい。
開発者のみでなく、営業の方と一緒にシステムを検討し、構築した「PocketNeo」が一番印象深い。
社内の雰囲気はどんな感じですか?
特徴としても述べた通り、少人数体制による開発ということで、遠慮なく自分の意見を主張できるくらい社員間の距離は近いと思います。人と違う意見が言えることは重要なことだと思います。
仕事とプライベートのバランスはどんな感じですか?
仕事は忙しい時期とそうでもない時期がありますが、自分の裁量でプライベートを充実させることは十分できているのではないかと思います。1年に1回は有給休暇をいただいて旅行にも行かせてもらっています。
今後、仕事について、どんなチャレンジをしていきたいですか?
  • 未来志向の視点への転換を目指す(抽象的な表現ですが過去とは異なる斬新なシステムの開発)。
  • 新しいアプリケーションを少しでも早く、多く世に送り出す(製品のリリースサイクルを縮める努力)。
プログラマーを目指す方に向けてのメッセージ
開発業務はシステムエンジニアでもプログラマーでもない、総合的な業務となりますので、自身の能力を存分に発揮できると思います。言われたことだけを忠実に実行するのみでなく、自分の考えを 製品に反映させるなど、やりがいを持って業務に臨めるはずです。
製品の企画から行いたい方、ユーザーに優しいプログラミングを行いたい方など、やる気のある方であれば大歓迎です。
会社全体でフォローしていきますので、安心して来て下さい。
みんなで一緒に成長していきましょう。

1日の仕事の流れ

7:00
起床
8:15
出発
(自家用車で30分強)
8:50
会社到着
9:00~
前日の退社以降の問い合わせなどを確認
(メールや関連サイト)
10:00~
通常業務
(自分担当の開発作業)
13:00~14:00
会社付近で外食
14:00~
通常業務
(自分担当の開発作業)
一日の業務内容をプロジェクト管理に入力して、退社
19:00~20:00
帰宅
長く勤務すれば、多くこなせるというものではないので、出来るだけ早く帰宅するようにしています。

他の人の働き方を見る