MEMBERS 働き方を知る

システム開発部 測量CAD開発
岩島 崇

インタビュー

携わっているお仕事について、具体的に教えて下さい。
測量CADシステム(主にCAD※図面の作成に関わるプログラム)開発を担当しています。
また、現地での調査等をタブレット上で行うアプリの開発をしています。
キーノスでの開発は、どんな特徴がありますか?
1つの製品及び機能の企画から開発、メンテナンスに至るまですべての作業に携わることができますので、プレッシャーもありますが、その分やりがいは大きいですね。
また、新しい技術を身につける時間を作れますので、自分のやる気1つでいろんなものにチャレンジできるのが特徴です。
技術を高めるために、どんな事を学んできましたか?
開発言語のC言語はもちろんとして、測量CADには計算幾何学、三角関数が必要になってきますのでその勉強をしました。
また、タブレット開発にあたり、ハードがもっている各機器との接続(主に映像、センサー関連)の仕組みを学んでいる最中です。
これまでの仕事の中で、印象に残っているものを教えて下さい。
今現在進行形になりますが、タブレットアプリの開発です。自分が中心となって一から担当した製品になりますので。
その製作に関してスケジュールの見積もりが甘く、かなりタイトになってしまったのですが、皆に連日遅い時間まで手伝ってもらいながら形にした、という経緯があるのでいろんな意味で特別印象に残っています。
社内の雰囲気はどんな感じですか?
仕事柄というものあり、どちらかといえば静かな職場です。暗いとわけではなく仕事に集中している故の静けさという感じです。呑みに行った時はにぎやかですよ。
仕事とプライベートのバランスはどんな感じですか?
基本的には仕事を家に持ち帰ることがないので、職場にいる間は仕事!家に帰ればプライベート!と、きっちりすみ分けができますね。
今後、仕事について、どんなチャレンジをしていきたいですか?
スマートフォンアプリの開発をしたいですね。
プログラマーを目指す方に向けてのメッセージ
プログラマーというと職人っぽいですが、ちゃんと人と話(会話)ができることが一番大事です。
例をあげるなら、わからない所はわからないと聞けるか?ですかね。
スキルは自然と身についていきますが、その上達速度が違ってくると思います。